ABOUT CLAY

目的によって使い分ける
様々なチカラを秘めた泥

泥は長い年月をかけて生まれてきた自然由来の成分。
構成される物質により多種多様な特性をもち、
多くの恵みを私たちにもたらしてきました。
ここでは、そんな泥の魅力や美容への使い方を泥の色ごとにご紹介します。

White Clay ホワイトクレイ

微細な粒子でソフトな感触のクレイ成分。弱酸性で水を貯える性質があり、様々な化粧品に使われる。

主な鉱物
カオリナイト

Red Clay レッドクレイ

しっとりとした肌触りで、ほどよい吸着性を持つクレイ成分。フェイシャルから全身のケアや、入浴剤などにも使われる。

主な鉱物
イライト マイカ カオリナイト

Pink Clay ピンククレイ

ホワイトとレッドをブレンドしたもの。肌にやさしい感触で、クレイ初心者の方にも適している。

主な鉱物
イライト マイカ カオリナイト

Yellow Clay イエロークレイ

ほどよい吸着力を持ち、パックなどで毛穴のクレンジングや引き締めケアにも使われる。

主な鉱物
カオリナイト クォーツ

Green Clay グリーンクレイ

クレンジング力が高く、ミネラル成分が豊富なクレイ。ボディケアやヘアケアなどにも使われる。

主な鉱物
イライト マイカ クォーツ

Brown Clay ブラウンクレイ

洗浄力と吸着力に優れているクレイ成分。フェイシャルパックやボディパックなどに使われる。

主な鉱物
スメクタイト
CLAY BEAUTY

美容成分としての泥の魅力。

肌への負担を考えた微細な粒子

泥の粒子は実に、髪の毛の16分の1ほどの大きさ。これによって毛穴汚れも入り込んで吸着し、高い浸透力で潤いを届けることができます。

※角質層まで

毛穴汚れを取り除く分子構造

泥は紙が何枚も重なったような分子構造をしており、少量であってもとても広い表面積を持っています。それに加えて、表面にマイナスの電位を帯びており、プラスの電子を持っている余分な皮脂や角質を取り除く働きがあります。

※図はイメージです

豊富なミネラルを含む自然の恵み

泥の主成分はシリカ(ケイ酸)で、通常40~60%ほど含まれます。その他にはカリウム、カルシウム、鉄、リン、アルミニウム、マグネシウム、亜鉛、銅、ナトリウム、塩素、マンガン等の実に多様なミネラルが含まれます。ミネラルの成分構成によってクレイの特徴は変わります。

泥の恵みで、明日の美しさを。